陽一加藤 のすべての投稿

埼玉NGOネット6月定例会及び勉強会を開催

今回の定例会の最大の議題は法人化。この懸案事項も最近の団体会員の増加、関係機関との連携促進、埼玉NGOネットの役割の見直しなど変化が進み、問題もなく法人化の方針が決定する。内輪の仲良しクラブから脱却し、NGOが切磋琢磨しながら、外部機関との連携・協働も行いながら、公正で共生するグローバル市民社会へ進めたい。
続いて行った勉強会の講師は外国人119ネットワークの大迫裕男事務局長。と在住外国人支援の分野で市民団体として開拓者的役割を果たされてきた。こうした先人の活動があって行政が動き、市民団体も続く事が出来たのであろう。

IV-JAPAN ラオス事業で大学と協働

2 great n famous masters on wood working in Japan accepted to come to Laos to teach at IV-Japan vocational training center in VEDI in next year. Prof Emeritus Terahara Musashino Art Univ. n Prof. Dr.Akamatsu Institute of Technology.
日本木工業界の巨匠のお二人が来年ラオスに来てIV-Japan でご指導いただくことを了承していただきました。寺原武蔵野美術大名誉教授(デザイン)、赤松もの作り大学長(木工)。

IV-JAPAN代表理事富永幸子

 

国際協力NGO・IV-JAPAN設立30周年記念報告会 開催される

6月2日(土)、東京。日本在住ラオス難民の交流・支援から始まり、タイ、そしてメコン川を渡ってラオスに入り、富永幸子代表が常駐しながら、多くの支援者の協力を受け、また、外務省NGO連携無償資金協力、JICA草の根技術協力事業、埼玉県国際協力基金などとの協働によって、職業訓練による生活向上や教育の普及に大きな成果を上げてきた。
富永代表理事の挨拶、在日本ラオス代理大使、埼玉県和田国際課長、JICA東京長谷川次長などの来賓挨拶、映像による30年の歩み、IVユースの活動報告、長年の寄付者への特別表彰、IV-JAPANの職業訓練を受けその後美容店をヴィエンチャンで開業したブンさんの体験報告、虫明悦生氏のケーン演奏、ラオスの多様な民族衣装によるファションショーと内容も多彩で、約180人の参加者を得て盛況利に終了した。

「NPO/ NGOの組織基盤強化のためのワークショップ」参加者募集

さいたまNPOセンターは日本NPOセンターとPanasonicとの共催で、
「活動を継続させる組織をつくる」と題して、「NPO/ NGOの組織基盤強化のためのワークショップ」を行います。

「子ども支援」と「環境分野」のNPO/NGOに対して、Panasonicは、2001年から「PanasonicNPOサポートファンド」を実施して来ました。
このサポートファンドは事業への直接的な支援ではなく、組織基盤を強くするためにアドバイザーやコンサルタントを派遣し、運営や事業計画作成、スタッフ研修などの支援を行ってきました。
新たに今年からは対象が「貧困の解消」に取り組むNPO/NGOとなります。
この新しい[Panasonicサポートファンド]の告知を兼ねて、「組織運営に悩む団体」そして「もっと成長したい団体」を対象に同上の「深堀りワークショップ」を行うことになりました。
日本NPOセンターとPanasonicサポートファンドのこれまでのノウハウが詰まった講義・WSになると思います。
また、組織強化が成功したNPOの事例発表もあります。
全国7か所でしか行われませんので、千葉、栃木、群馬、茨城などの関東地域の方々にも来ていただきたいと思います。
ミッションが「貧困の解消」からはずれている、しかし、「運営に悩んでいる」という団体も受け付けます。
組織のリーダーやスタッフの参加をお待ちしています。


活動を持続させる組織をつくる 「NPO/NGOの組織基盤強化のためのワークショップ IN埼玉」
◆プログラムの内容
13:30 開会あいさつ・趣旨説明
13:40 講座「組織基盤の強化とは」
日本NPOセンター事務局長 吉田建治
14:20 組織基盤の強化により発展につながった事例報告
14:40 ワークの説明/休憩
14:55 深堀りワークショップ(個人ワーク・グループワーク・共有)
16:25 Panasonic サポートファンド紹介
パナソニック株式会社
16:50 終了

お申込み受付中😊
詳しくは、こちら
http://sa-npo.org/%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%9F%BA%E7%9B%A4%E5%B…

 

You&Meファミリー 『バングラデシュ現地報告⑤ 新校舎完成』

埼玉NGOネット加盟団体 You&Meファミリー

日本国際協力財団様からの2017年度助成プロジェクトに助けていただき、また昨年3月の「土佐拓也チャリティーコンサート」にご参加いただいた皆様のおかげで、そしてYOU&MEファミリー会員の皆様のおかげで、新校舎が出来ました!まだ足りない部分もあるけれど、念願の2階建です。これは、ただのモノではありません。このモノにより生徒の将来にたくさんのチャンスを与えることが出来る、「地球の子供たちの未来」です!関係してくださった多くの皆様、本当に本当にありがとうございました。
(バングラデシュYOU&MEインターナショナルスクール一同)

NGO-JICA協議会(2018年度第1回) 参加者募集のご案内

2018度第1回NGO-JICA協議会を下記の通り開催いたします。

◆日時: 2018年6月13日(水) 14:30-17:30
※NGO事前打合せ 13:30-14:20 (昼食持ち込み可)
※会議終了後に会費制懇親会を開催
◆場所:
JICA本部 228/229会議室 (東京都千代田区二番町5-25 二番町センタービル)
https://www.jica.go.jp/about/structure/hq.html
※JICA国内拠点からTV会議での参加が可能です。
◆議題(予定):変更になる可能性があります。
【協議事項】
1.昨年度の年間テーマ振り返り
2.今年度の年間テーマ案:
1)草の根技協案件の質の向上、
2)JICAボランティアとNGOとの連携推進、
3)新規アクターとの連携
【報告事項】
1.JICAと地域ネットワークNGO協働 アクションプラン
2.開発教育推進のためのNGOとJICA連携方策の進捗状況
3.JICA国内事業について
・国内連携の方針、経営諮問会議結果について
・草の根技術協力事業の契約・精算・支払事務本部移管
・2018年度草の根技術協力事業の募集選考スケジュール
4.SATREPSブリッジワークショップ案内
5.その他(「なんとかしなきゃ!プロジェクト」終了今後)
◆参加申込み:
下記サイトからお申込みください。【申込締め切り:6月4日(月)正午】
https://jp.surveymonkey.com/r/ngo-jicakyogikai
・ 回線/会議室の空き状況によっては、TV会議出席のご希望に沿えない場合もございます。
・ 会場スペースの都合により、1団体あたりの参加人数を調整させて頂く場合がございます。
JICAウェブサイトでもお知らせしています。
https://www.jica.go.jp/partner/index.html
◆問合せ先:
【NGO側事務局】 国際協力NGOセンター(JANIC)
担当:伊藤 advocacy@janic.org TEL:03-5292-2911
【JICA側事務局】 国際協力機構(JICA)国内事業部市民参加推進課
担当:伊藤、川角 Ito-Shuko@jica.go.jp TEL:03-5226-8789

JICA東京 国際協力推進員(JICA埼玉デスク)を募集中

JICA東京では、国際協力推進員(JICA埼玉デスク)を募集中です。
応募条件、申込方法などは下記URLからご覧ください。 http://partner.jica.go.jp/RecruitDetail…
応募締め切りは5月28日(月)です。
国際協力推進員は、JICAの地域窓口として、地域の方々に国際協力を理解していただき、参加していただくための橋渡しとなる仕事です。
青年海外協力隊などの応募促進をする「ボランティア事業」、世界の現状や国際協力の必要性を伝え、自分に何ができるのかを考える機会を提供する「開発教育事業」、県内の自治体やNGO、大学と国際協力を進める「草の根技術協力事業」、中小企業の海外展開を後押しする「中小企業海外展開支援事業」など、多岐に渡る業務に携わりながら、埼玉の人々と共に世界に目を向けた活動ができます。
JICAの埼玉窓口として、とてもやり甲斐のあるお仕事です。 ご関心ある方は、ぜひ!

 

埼玉NGOネット6月定例会、NGO代表者、埼玉県国際課、JICA埼玉デスク、埼玉県国際交流協会18名が参加

埼玉県のNGOのネットワーク、埼玉NGOネットの6月定例会が5月16日にさいたま市で行われた。埼玉県国際課小川副課長より県国際課の施策の方向性や2018年度事業計画の説明、県国際交流協会及びJICA埼玉デスクより2018年度事業計画、特にNGO関連事業の説明があり、NGOと情報共有を行った。続いて、加盟NGOからそれぞれの2018年度事業計画の説明が団体間及び関係機関との情報共有を行った。最後に事務局より、JICA東京との埼玉県内NGO・自治体向け情報交換・研修会企画、NGO-JICA協議会でのJICAとネットワークNGO連携事業などに関して進捗報告があり、活発な意見交換が行われた。

 

彩の国さいたま国際協力基金助成団体募集

公益財団法人埼玉県国際交流協会は、彩の国さいたま国際協力基金の2018年度助成団体を募集。対象は埼玉県のNGOで、途上国支援及び在住外国人支援の活動。
助成額は多くないが、埼玉県では数少ない国際協力助成制度。
埼玉県国際交流協会HPを参照。

活動助成制度(彩の国さいたま国際協力基金)

 

 

 

NPO法人民族フォーラム20周年記念式典

埼玉NGOネット加盟団体のNPO法人民族フォーラム(理事長山本孟人)の20周年記念式典が、5月13日(日)午後、川口市で開催された。同フォーラムは、1997年に設立、2004年にNPO法人取得、ベトナムでJICAや外務省の資金協力を得て視覚障害者支援、ミャンマーへ埼玉県の協力を得て中古消防車や救急車を寄贈などしてきた。当日は、トゥレイン・タン・ジン駐日ミャンマー大使、和田公雄埼玉県国際課長、尾池富美子埼玉NGOネット副代表など100名を超える関係者・市民が出席。写真による20年の歩み、インド古典舞踏、ミャンマー紹介など盛会裏に終了。なお、この会には川口市のNPO法人、多文化共生協働センター、マンションGPS、JIN愛育センター、インターナショナル川口の4団体が協力している。