陽一加藤 のすべての投稿

彩の国さいたま国際交流・協力ネットワーク2019年度全体会を開催

日時:2019年8月20日(火)13:00~16:30
会場:埼玉県浦和合同庁舎講堂
参加者:埼玉県内の国際協力NGO、多文化共生NPO、市町村市民活動・多文化共生等担当者・国際交流協会、埼玉県国際課・埼玉県国際交流協会約60名

彩の国さいたま国際交流・協力ネットワークの目的及び加盟団体は次の通りです。
「ネットワークは、県内で国際交流や国際協力を行う団体が活動を展開する上で、それぞれが有する課題等について、相互に情報交換や協働活動を行うことにより、各団体の活動の効率化を図り、「世界に開かれ、世界に貢献する彩の国さいたま」の実現を目指すものである。」(運営要領「目的」)
2019年3月末現在の構成団体は、266団体で、内訳はNGO/NPO等団体201、市町村63、県・県国際交流協会。
幹事団体として、5NGO及び5市町村で構成し、現在の代表幹事団体はNPO法人埼玉NGOネットワークで、事務局は県国際課・県国際交流協会が務めている。

和田国際課長、寺田県国際交流協会理事長の挨拶の後、赤石埼玉NGOネットワーク副代表理事を議長に、議題として、2019年度の幹事団体の選任及び承認、新幹事団体による代表幹事団体の互選、2018年度事業の報告及び承認、2019年度事業の説明及び承認で終了しました。
その後、第2部として、「新たな外国人材の受入れ及び共生社会実現に向けた取組」として、東京出入国在留管理局渡邊総括審査官の講演と質疑応答が行われました。

今年の彩の国ネットワーク全体会は、予算削減などにより彩の国ネットワーク事業の縮小に伴い、彩の国ネットワーク活動の停滞、全体会参加者の減少などの傾向から、ネットワークの活性化を目指して、構成団体(NGO及び自治体)にアンケート調査を行い、その結果を踏まえて9月の幹事会で今後の方向性、事業追加計画を出す事にしました。埼玉NGOネットワークも代表幹事団体として、県国際課及び県国際交流協会と協力して進展を進めていきます。

2019年8月21日
NPO法人埼玉NGOネットワーク事務局

彩の国さいたま国際協力基金2019年度助成団体が決定

埼玉県のNGOを対象とした彩の国さいたま国際協力基金の2019年度助成団体が決定しました。
埼玉県の多文化共生2団体と海外協力9団体への活動支援です(別添)。
この国際協力基金は埼玉県の大半を占める中小NGOには貴重な事業助成の機会です。
全国的で、助成額も大きく、大手NGOが応募する、外務省NGO連携無償資金協力、JICA草の根技術協力事業は、
中小NGOにとっては壁が高いものがあります。
彩の国さいたま国際協力基金をステップに外務省、JICA等へチャレンジしてく県内NGOも有ります。
事業を実施は埼玉県国際課・埼玉県国際交流協会です。

埼玉NGOネットワーク会員 AAAアジア&アフリカ ウガンダ植林活動に緑の募金より助成決定

埼玉NGOネットワーク会員でウガンダで植林活動などを行っている、AAAアジア&アフリカは、この度、ウガンダでの植林活動に独立行政法人国土緑化推進機構「緑の募金」より活動助成決定の通知が有りました。
AAAアジア&アフリカが派遣する第13回AAAしょくりん隊にて、しっかり活動に役立たる計画です。
AAAでは、実践を通して、1日も早く世界中の皆さんが幸せに暮らせる平和な世界を目指し活動を行っています。

AAAの活動は公式ホームページ
https://aaag.org/

埼玉NGOネットワーク会員 NPO法人YOU&MEファミリー  『2019夏活動報告会のご案内』

『2019夏活動報告会のご案内』
YOU&MEの活動の最新情報を報告いたします。ラッシュジャパン様からの助成プロジェクトである図書館活性化事業、また女子の自立を目指した洋裁クラブ活性化事業、そしてキャプテンチーム活躍の様子、今後の展望など、盛りだくさんの報告予定です。どうぞ皆様のお越しをお待ちしています。
日時:2019年8月25日(日)16時~17時
場所:都内 お問合せください。
問合:NPO法人YOU&MEファミリー事務局 yumi-saint@hotmail.co.jp

埼玉NGOネットワーク7月定例会を開催

7月23日(水)9時30分~11時30分、さいたま市のさいたま市民活動サポートセンターで開催された。参加者はNGO代表者を中心に埼玉県国際課、埼玉県国際交流協会、中口毅博芝浦工業大学環境システム学科教授など16名。
組織基盤強化を検討するタスクフォース第1回会議の説明、7月11日に開催したJICA東京との共催事業「埼玉県国際協力情報交換会」の結果報告と参加者の意見、埼玉NGOネットワークが代表幹事団体を務める自治体とNGO/NPOの彩の国ネットワーク幹事会報告と今後の有り方、10月20日の国際フェアの企画と実施体制、グローバルセミナー2020の企画など目白押しの議題であった。

 

日本語を母語としない子どもと保護者のための高校進学ガイダンスの案内

公益財団法人埼玉県国際交流協会では、日本語を母語としない子どもと保護者の高校進学ガイダンス2019
を、8月3日(土)、さいたま市ソニックシティ大宮で開催します。
下記を参照してください。
【8月3日(土)@ソニックシティビル大宮】日本語を母語としない子どもと保護者の高校進学ガイダンス2019
日本語を母語としない子どもたちの高校進学を支援するためのガイダンスです。
多言語の進学情報資料があり、高校の先生や先輩に相談もできます。参加費無料、通訳も付きます。申込締切は7月24日(水)です。

高校進学ガイダンス

 

NGOの持続可能な支援の形を求めて SANE杉田代表学会発表論文

埼玉県の国際協力NGOは事業規模は中小規模が大半を占め、運営は役員がボランティアとして無償で尽力している事が多い状況です。
その中で、各NGOは工夫を凝らしながら海外協力の効果的な実施に努め、実施体制である組織の維持・発展に当たっています。
NGO設立時に目的である社会的課題の解決に当たる海外協力の成果向上と、そのための実施体制であるNGOの持続性は、
すべての中小NGOの最も重要で最も大きな課題となっている事と思います。
埼玉NGOネットワークとしてもこの課題は優先的に取り組むべき重要なものとの認識を持っています。
今回は、NPO法人エクアドルの子どものための友人の会(SANE)の杉田優子代表理事が、日本ラテンアメリカ学会第40回定期総会で発表した、
「なぜJICAプロジェクトを行うのかー持続可能な支援の形を求めてエクアドル、カヤンベ市の学校給食の定着化に取り組む」
を本人のご了解を得て皆様の参考のためにご提供いたします。
皆様のNGOの運営及び事業の参考になれば幸いです。

埼玉NGOネットワーク
加藤 陽一

小規模NGO持続可能性論杉田優子SANE代表理事

ともに翔んで!SAITAMA~埼玉県国際協力情報交換会2019~

埼玉県で海外協力及び多文化共生に取り組む各分野のアクターによる、埼玉県国際協力情報交換会が7月11日(木)、さいたま市で開催された。参加者は、海外協力NGO及び海外協力を行う自治体・県教育委員会、多文化共生NPO及び多文化共生に取る組む自治体及び市国際交流協会を中心に、大学教授や元国連機関職員等専門性を有する個人など70名を超える参加者が集まった。主催は、埼玉県のNPO法人埼玉NGOネットワークと国際協力機構(JICA)東京、後援に埼玉県(国際課)、埼玉県国際交流協会。
従来は、海外協力と多文化共生の活動分野、NGOと自治体、大学等のアクターが異なると、意見交換、経験交流、連携、協働は行われる事が少なかった。一方、途上国の貧困等グローバルな課題と、多文化共生など地域の課題の結びつきが強まり、国際社会の一致した目標であるSDGs(持続可能な開発目標)は、各アクターが連携して取る組むパートナーの重要な目標のひとつにしている。海外協力と地域活性化の事例も出てきている。
こうした事から、異なる活動分野、アクターを一同に集めて、意見交換、経験交流を深め、連携を促進する事で、SDGsの課題解決に寄与する事を目的に開催された。主なプログラムは、事例発表「海外協力と地域活性化~行政と住民による持続可能な地域づくり~」「海外協力~中堅NGOとしての持続性を目指して~」「多文化共生~市との協働国際相談コーナーで目指す多文化共生のまち」。それを受けて3分野のグループワークによる連携と行動の可能性、などを行った。

 

 

 

「彩の国さいたま国際協力基金2019」プレゼンテーションを開催

彩の国さいたま国際協力基金の助成希望団体のプレゼンテーション(一般公開)を開催します。NGOの活動や取り組みについて知ることが出来る機会ですので、お気軽にお立ち寄りください。
日 時  7月31日(水)10:00~15:10
場 所  埼玉県国際交流協会 研修講座室
備 考  申し込み不要、出入り自由です。

問い合わせ先
事業戦略担当 加藤、倉持
TEL 048-833-2992
FAX 048-833-3291
jigyo@sia1.jp
(@を小文字の@に変えて送信してください。@siaの次は半角数字の1です。)

アジア・アフリカと共に歩む会、JICA草の根技術協力事業完了報告会を開催

6月11日(火)午後、JICA東京にて、NPO法人アジア・アフリカと共に歩む会TAAA(さいたま市)の草の根技術協力事業完了報告会が開催された。事業名「有機農業塾を拠点とした農村作り」、実施期間は2016年7月から2019年4月、事業費約3800万円。同団体は1992年設立、アパルトヘイトが終結した南アフリカへの教育支援を始め、2001年南アフリカ事務所開設しプロジェクトマネージャーを常駐、活動を広げながら、2014年にNPO法人化した。JICA草の根技術協力事業は2007年より支援型をスタート、2010年よりパートナ型に移行し、事業内容を発展させながら今回3期目の事業が終了したもの。同会が行ってきた長年積み重ねてきた支援活動を基盤に、JICAの協力を受けて、学校での菜園と健康教育、学校を拠点とした地域農業促進、学校を拠点とした有機農業のモデル地域づくり、そして今回の有機農業塾を拠点とした農村作りを行ってきた。同会は外務省NGO連携無償資金協力にも採択された実績を有している、埼玉県でも数少ない国際協力NGOである。同会創立者の野田千香子事務局長、受け継いできた久我祐子代表、現地に20年近く常駐する平林薫南アフリカ事務所長が大きな役割を果たしてきた様子。勿論、それを支える多くのボランティア、寄付者、企業、団体の存在がある。また、現地では支援活動を通して育ってきた若者がプロジェクトを担っている。素晴らしい報告会で有った。
現地写真は同会HPより。