陽一加藤 のすべての投稿

NPO法人ソーラネット(埼玉NGOネットワーク会員)訪問

そこで暮らす人びとが手作りの太陽電池でつくりだしたクリーンエネルギーで生活改善を目指すため、1994年に埼玉県小川町で設立された。今までに、インドネシア、チャド、ニカラグア、ネパール等の未電化地域での海外協力、東日本大震災、熊本地震等での太陽光発電支援、ソーラネットの国内普及活動などを行ってきた。国内外での事業は、地域の人びとに技術指導を行い持続的な管理・運営、環境に負荷をかけない自立・分散型のエネルギー利用を基本としている。
技術系NGOとして国際機関、国際協力NGO、自治体、NPO等との連携を進めている。

 

グローバルセミナー2019「地域で育むグローバル市民~パートナーシップで取り組む『SDGs』」。教師、生徒、NGO関係者、行政関係者、地域団体、国際協力機関などが参加して活発な意見交換を行う。

2月10日(日)、埼玉県さいたま市で、埼玉NGOネットワーク、埼玉県国際交流協会、JICA東京の三者共催で開催され約90名が参加しました。午前はJICA教師海外研修報告発表会。午後から石川一喜氏をファシリテーターに、パートナーシップで取り組むSDGsをテーマに、川口市立高校、川口市芝園団地自治会、埼玉新聞社、国際協力NGO・IV‐JAPANがそれぞれ事例発表し、その後事例テーマ毎にグループワークを行って議論を深め、発表で共有して、最後に参加者が出来る事を継続する事を確認しました。

 

平成30年度埼玉グローバル賞にNPO法人エクアドルの子どものための友人の会(SANE)が受賞

埼玉県は、世界を意識した将来性のある活動や地域の国際化に向けた活動を行っている個人や団体に「埼玉グローバル賞」を贈呈し、表彰しています。
今年度の受賞者として3団体、1個人を決定しました。
未来への投資分野で、埼玉NGOネットワーク会員の特定非営利活動法人エクアドルの子どものための友人の会(SANE)が受賞しました。
表彰式は2月6日(水曜日)、受賞者には、知事から表彰状と副賞を贈るとともに、世界と埼玉をつなぐ懸け橋として活動する埼玉親善大使が委嘱されます。
「未来への投資」分野 【受賞理由】
エクアドルの中学生・高校生を対象とした奨学生プログラム及び現地の教師や 保護者と連携した学校菜園、栄養改善などの教育環境改善事業を実施。過去には、学校施設の建設や改修を通してエクアドルの子どもを支援
エクアドルの子どものための友人の会につていは同団体のホームページを参照ください。

NPO法人YOU&MEファミリー 『YOU&ME2019冬活動報告会のお知らせ』

『YOU&ME2019冬活動報告会のお知らせ』
この冬の活動の成果を、たくさんの写真と共に報告します。バングラデシュに興味のある方、国際協力に関心ある方、YOU&MEの活動を知りたい方、どなたでも歓迎!
日時:2019年2月24日(日)午後4時半~5時半
場所:お問合せください。
参加費:無料  ※懇親会あり。奮ってご参加下さい。
問合せ先:NPO法人YOU&MEファミリー事務局
yumi-saint@hotmail.co.jp

IV‐JAPAN「ラオスでの職業訓練事業の成果 」

職業訓練の職種、訓練カリキュラム、指導員など適切で合ったのですね。海外協力の数少ない成功例です。加藤陽一
Happy gathering with 2004 graduates of IV-Japan Vocational training center at Sachiko’s house. IV-Japan 2004年第1回職業訓練卒業生と楽しいギャザリング。皆職業を持ち、起業に成功し、こんな嬉しい時が来るとは。IV‐JAPAN 冨永幸子代表理事

埼玉NGOネットワーク1月定例会・勉強会開催、NGO・JICA・埼玉県18名参加

埼玉NGOネットワークの1月定例会・勉強会が15日(火)、さいたま市で開催され、NGO代表者、埼玉県国際課、埼玉県国際交流協会、JICA埼玉デスクの18名が参加した。定例会では、2月10日三者共催のグローバルセミナー2019の準備状況や当日の確認及び各団体の情報交換を行った。勉強会では、海外協力シリーズ②として、筒井哲朗シェア・ザ・プラネット代表理事を講師に、NGOの役割と意義の確認、NGOの成果とアカウンタビリティに関する講義、質疑応答、意見交換を活発に行った。

 

 

YOU&MEファミリーのバングラデシュ現地報告②

埼玉NGOネットワークNGO会員

NPO法人YOU&MEファミリーのバングラデシュ現地報告②

『現地報告② オーケストラクラブ指導者トレーニング』
YOU&MEの新たなチャレンジ、オーケストラクラブ。池田大介先生の指導のもと、バイオリン練習を開始。そこで、これからの成功のカギとなるのは、まずは現地教師の指導力。今回池田先生は何よりも教師トレーニングに力を入れてくださいました。現地教師もバイオリンに触れるのは、初めて。でも、生徒達と一緒にワクワク練習する教師達です。

 

新規団体会員の紹介 エクアドルの子どものための友人の会

埼玉NGOネットワークに新規団体が入会しました。昨年7月さいたま市で開催されたJICA連携埼玉県セミナーで、NGOの事例(自治体は県国際課)を発表したNPO法人エクアドルの子どものための友人の会SANE(代表理事杉田優子)です。SANEは1989年に飯能市で設立、2008年NPO法人化の国際協力NGOです。
現在、エクアドルで奨学生プログラム(奨学生、里親文通制度、グループプログラム)及び教育環境改善プログラム(施設建設修復、学校菜園、技術教育)を行っています。同会は2018年度JICA草の根技術協力事業支援型に「カヤンベ郡の学校菜園と学校給食の実施を通した子ども達の学校生活改善プロジェクト」が採択されています。
「エクアドルの子どものための友の会(SANE)は、エクアドルの子どもたちを、教育を通して支援するNGO(国際協力民間団体)です。活動の目的は、エクアドルの人々が自らの力で、よりよい社会を創るために、教育を通して協力することです。活動地域は、エクアドルの首都キトと山間部のカヤンベ。活動内容は、奨学生事業、教育環境改善のための学校を舞台とした事業です。現地での活動は、現地NGOの、SOJAE(ソハエ)とパートナーシップを組んで、地域の人々と協力しておこなっています。」(ホームページ)。
同会のホームページは次の通りです。
http://sanejapon.blogspot.com/

YOU&MEファミリーのバングラデシュ現地報告①『オーケストラクラブ 初バイオリン演奏』

埼玉NGOネットワーク会員YOU&MEファミリーのバングラデシュ現地報告①

『オーケストラクラブ 初バイオリン演奏』
南紳一様(NPO群馬県青少年オーケストラ協会)のご指導により、昨年YOU&MEではオーケストラクラブを発足。まずは楽譜を読めるようにと、ドレミ音階の練習に明け暮れる日々。ついに今回、同協会から池田大介先生が音楽指導のためY&Mを訪問くださいました!協会より合計8台のバイオリンを寄贈いただき、池田先生のもと早速バイオリン練習!目をキラキラさせて練習に励むオーケストラクラブ部員の生徒たち。まだまだこれからですが、なんとY&M恒例の文化発表会で、キラキラ星とカエルの歌のバイオリン演奏発表ができました!世界にはばたく日を夢見て、意欲を燃やす部員生徒たちです!