カテゴリー別アーカイブ: 事業報告

埼玉NGOネット及び会員:個別事業報告、事務局報告

メイあさかセンター30周年記念事業参加報告

埼玉NGOネット加盟団体の認定・埼玉県指定NPO法人メイあさかセンターによる、朝霞市の小学校とマレーシアペナン州の小学校の児童画の交換、展示を行う「絵を通じての友好」が1987年に始まってから30周年を迎えた。絵画交換に参加する日本側学校は朝霞市を中心に埼玉県内、東京都まで広がりをみせ、マレーシア側でもペナン州からサバ州、ケダ州などへ波及していった。この間に「絵を通じての友好」は、絵画交換から日本とマレーシアの教育関係者・児童生徒の相互訪問・ホームステイの人的国際交流や、日本人美術教育専門家を派遣してワークショップによる美術研修にまで発展していった。
メイあさかセンターによる「絵を通じての友好」の特色は、メイあさかセンターを中心に地域の行政、学校、社会教育施設、企業、特に子どもから高齢者・障がい者までのボランティアが参加する、地域の多様なセクター・人々が取り組む「多分野協働」地域活動であると共に、多様性ある共生に取り組むマレーシアとの国際交流・相互理解・国際協力になっている点にある。
「絵を通じての友好」に参加した日本の児童・生徒は延約6万人を超え、参加者の中からはこれを機会に国際関係に進路を選択する青年も出ている。メイあさかセンターは、これからも同事業にSDGsを取り入れてさらに発展させるなどの構想を練っている。

メイあさかセンター30周年記念事業
『国際フォーラム in ASAKA グローバル教育支援~「絵を通じての友好 」日本&マレーシアでの成果~』
主催:認定・埼玉県指定NPO法人メイあさかセンター
後援:駐日マレーシア大使館、朝霞市、埼玉県、市民新報社、日本国際理解教育学  会、埼玉県国際交流協会、日本マレーシア協会、埼玉国際協力協議会
協賛:石橋財団
日時:2018年1月21日(日)13:00~16:00
会場:朝霞市産業文化センター
主催者挨拶:認定NPO法人メイあさかセンター代表理事尾池富美子
来賓挨拶:朝霞市教育長、駐日マレーシア大使館参事官、石橋財団教育担当官
マレーシア側より朝霞市、石橋財団、メイあさかセンターに記念品贈呈
基調講演:森茂岳雄中央大学教授「青少年国際交流における学校-地域連携の課題-   メイあさかセンターに期待すること-
パネルディスカッション:
アブドウール・ラーマン マレーシア教育省ゴンバ地方教育事務所副所長
「2005年以来現在までかかわりの中から児童も学生も絵を通じての友好に参加を熱望」
テーイーミン ペナン教師美術協会理事・チョンリン中等学校美術主任
「絵を通じての友好プログラムへの責任を果たしながら ペナンと日本の双方の子どもたちに魅了されて」
渡辺秀和 朝霞市教育委員会学校教育部教育指導課長補佐
「朝霞市内学校でのプログラム受入れについて…児童・保護者・教師の立場で」
中村美恵子 メイあさかセンターマレーシアワークショップ担当理事・元教師
水浦保之 メイあさかセンターマレーシアスタディツアーリーダー
「マレーシアへのスタディツアーで共存の自然体で感じた国際友好賞状が海外へつながった始まり」
尾池富美子 認定NPO法人メイあさかセンター代表理事
「数えきれない人々の協力に支えられ多分野協働と学社融合」
フロアーとの質疑応答

埼玉NGOネット1月定例会を開催、NGO・JICA・埼玉県国際課・県国際交流協会の情報・意見交換など活発に行う

埼玉県の国際協力NGO(途上国支援及び在住外国人支援)のネットワーク、埼玉NGOネットの1月定例会が1月17日(水)にさいたま市で開催された。参加者は、NGO代表者、埼玉県国際課、県国際交流協会など16名(JICA埼玉デスクは出張で欠席)。2月4日(日)開催のグローバルセミナー2018は、参加者申込や当日運営など最終準備状況の確認を行った。JICA連携は、2018年度JICA東京による「埼玉県国際協力NGO向け連携事業説明会」で、埼玉NGOネットと協働してNGO研修企画を検討するとの報告が行われた。NGO及び関係機関との情報・意見交換は活発に行われ、2018年はメイあさかセンター30周年、IV-JAPAN30周年、民族フォーラム20周年に当る事。埼玉YMCAから日中韓ユース平和フォーラム開催や埼玉県災害ボランティアネットワーク準備参加の報告、埼玉日本語ネットワークからは、各地の非営利の無料日本語教室に技能実習生を日本の受入側が大勢連れてくる事で、通常の在住外国人向け日本語教育に支障が生じている報告が有った。ワールドサポートプロジェクトよりベトナム生産者と日本の授産所を結んでチョコレート販売のベトナム調査報告、ふじみの国際交流センターやインターナショナル川口から多文化共生街づくりの取り組み報告が有った。

国際協力NGO・IV-JAPAN 富永代表のネパール現地報告

埼玉NGOネット加盟団体の国際協力NGO・IV-JAPANは、2015年にネパール中部地方で発生した大地震に対し、ネパール被災地に精通した人材や海外協力経験豊富なスタッフを派遣し、被害が大きいが支援の入っていない村へ、緊急支援事業を行ってきた。IV-JAPANは同時に、村の復興から開発に繋がる支援のニーズを調査し、現地の人々の意見を聞きながら、女性の職業訓練センターの建設、専門家派遣による技術指導、販路の開拓などの支援を継続して行ってきた。
今回、富永代表が現地を訪問し、支援状況を確認すると共に、現地カウンターパート(女性の自立支援組織)と協議を行ってきた。
ネパール事業報告1: IV-Japanは2015 年のゴルカ郡地震後継続的に支援。2018年1月にシュリタングリチョック中等高等学校にコンピューター15台と机、椅子セット、1ヶ月のPC専門家派遣。ネパールらしいのは盗難予防のためPC 教室の窓、ドアーに鉄格子、鍵等も設置。生徒たちは初めてマウスやキーボードを恐る恐る触って大喜びでした。
ネパール リポート2:
ヒマラヤの見える学校から恥ずかしがり屋の子供たち.ゴルカ郡では災害後JICA支援によりあちこちで学校や住宅建設が進んでいた。
ネパール レポート3:
次の事業地タクマズラクリボット村へ移動。ゴルカ郡都(KTMからは6時間半)、更に北へ川を渡ってジープで30分。2016年にIV Japanが建てた女性研修センターは3階建てに女性たちの努力で建設中。6ヶ月間の訓練を終えた4人の縫製トレーナーは学校制服350着のオーダーでうれしい悲鳴。収入も安定して喜んでいた。

今回感激したのは自分たちでファンドレイジングを独特な方法で実施しました。ネパール(ティハール)、インド(ビタワリ)と言われる「光の祭り」の1週間、WLCの女性たちが 村の全701世帯を回り、歌と踊りでご家族の繁栄や平和を祈ると、昔は米、トウモロコシや食事が供されましたが、今は現金を頂く風習があり、3000ドルも集めたのです。更に村の成功者に無利子、無期限で5000ドルを借り、1階だけだった建物を3階建てにしました。彼女らの自助努力は素晴らしいです。今後も応援したいです。皆様よろしくお願いします。
(富永代表FBより転載)

 

NGO-JICA協議会に出席

国際協力NGO及びネットワークNGOと国際協力機構(JICA)は、より効果的な国際協力の実現と市民の理解・参加を促進するため、協議会を設置し定期的に意見交換を行っている。2017年第3回NGO-JICA協議会が12月14日、JICA本部で開催され、埼玉NGOネットも参加した。特に、2017年度協議テーマに「ネットワークNGOの利用促進を通じた地域におけるNGO、JICAの協働体制」があり、全国からネットワークNGOが参加し、活発な意見交換が行われた。協議テーマはこの他に、「NGと多様なアクターの連携促進」「草の根技術協力事業の裾野拡大」「草の根技術協力事業案件の質の向上」があった。埼玉県から出席したのは埼玉NGOネットとIV-JAPAN(埼玉NGOネット加盟団体)の2団体である。

12月定例会報告

埼玉NGOネットの12月定例会が14日(木)9:30~11:30、さいたま市で開催された。
出席はNGO代表者を中心に、個人会員、埼玉県国際交流協会鈴木事務局長、JICA埼玉デスク廣瀬氏など13名。
検討課題として、2018年2月4日(日)開催のグロバールセミナー2018については、企画内容は固まり、講師も決定、案内チラシが完成して参加者募集を本格化させる事などを確認した。
地域ネットワークNGO間連携に関しては、第2回NGO-JICA協議会に出席した埼玉NGOネットを含む全国のネットワークNGOで連携強化が話し合われ、
それを受け調整役の国際協力NGOセンター(JANIC)から連携企画案が提出された。
埼玉NGOネットとして企画案を検討し、ネットワークNGO連携に参加する事を確認した。
報告事項として、JICA申請のNGO研修は今一歩で採択がされなかったが、
埼玉NGOネットとしてJICA草の根技術協力事業に申請を検討しているNGOへの個別サポートをする事にした。
加盟団体の認定NPO法人メイあさかセンターが設立30周年を迎え、30周年記念事業を行う事(別途事業案内掲載)の説明が行われた。
その後、埼玉県国際交流協会、JICA埼玉デスク、加盟NGOとの間で情報・意見交換が活発に行われた。

埼玉NGOネット勉強会 「YMCAリブンランディングー時代と共に生きるYMCAの新たなステップー」

埼玉NGOネット11月勉強会
「YMCAリブンランディングー時代と共に生きるYMCAの新たなステップー」
講師:小谷全人埼玉YMCA代表理事・総主事、埼玉NGOネット理事
2017年11月17日、さいたま市。
YMCA創立の歴史的背景、YMCAの最初の働き、世界への広がり、世界のYMCAの現勢、日本におけるYMCA、日本のYMCA創立当時の働き、日本基督教団に併合、時代と共に世界を見つめ地域に生きる、埼玉YMCA、埼玉YMCAの主な働き。ボランティアで出発した日本のYMCAの歩みと時代の変化、今後の方向性を決めた2015年の全国的調査、それに基づく2017年10月より新しいブランドコンセプトによるこれからのYMCAの方向性。団体の運営や事業について、組織の大小に関わらず学ぶ事柄が多い勉強会となった。

埼玉県のNGOの祭典「国際フェア2017」、さいたまスーパーアリーナで開催報告

国際フェア2017は11月5日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催された。埼玉県のNGOを中心にJICA、埼玉県国際課、埼玉県国際交流協会等約30数団体が出展、同時併催のコープコープみらいフェスタ等もあり約5万人の来場者で賑わった。会場ではSDGsや途上国支援、在住外国人支援の理解促進、アジア・アフリカのフェアトレード品の販売や飲食、インド舞踏や南アフリカの楽器演奏など多彩な催しが展開された。
埼玉NGOネットは川口市立県陽高校Global Studies Teamの参加を得て、SDGs(持続可能な開発目標)をテーマに景品付き国際理解クイズを行った。ネット加盟団体では、IV-JAPAN、埼玉県ユニセフ協会、民族フォーラム、ワールド・サポート・プロジェクト、インターナショナル川口が出展した。

2017年度ネットワーク型NGOとJICAの意見交換会報告

第2回NGO-JICA協議会札幌開催に合わせて、年間テーマのひとつである『ネットワークNGOの活用促進を通じた地域におけるNGO、JICAの協働体制』について議論を深め、提言を協議会へ提出するため、全国のネットワークNGOとJICAとの意見交換会が10月17日に開催された。参加者は、埼玉NGOネットを含む全国のネットワークNGO出席者17名、TV会議参加者3名、JICAより出席者16名、TV会議参加者12名。
意見交換会は、「ネットワーク型NGOの現状及び今後のネットワーク型NGOの役割及びJICAとの連携」をテーマに、(1)国際協力を取り巻く環境の変化を踏まえたネットワーク型NGOの問題意識の共有」、(2)多様なアクターへのアウトリーチ裾野拡大(国際協力経験の浅い団体、主に日本で取り組んでいる団体)、(3)事業の質向上に向けて(NGOの組織運営・事業実施能力強化)、(4)地域活性化への貢献(日本での理解促進)に関して、プレゼンテーションを踏まえて協議を行った。
参加した全国のネットワークNGOは次の通り。
北海道NGOネットワーク、IVY(山形)、国際協力NGOセンター(JANIC)、埼玉NGOネット、横浜NGOネットワーク、名古屋NGOセンター、関西NGO協議会、広島NGOネットワーク、NGO福岡ネットワーク、沖縄NGOセンター、四国NGOネットワーク(YV会議)。

2017年度第2回NGO-JICA協議会報告

NGOとJICAは対話と連携を促進するため、NGO-JICA協議会を設置し、対等なパートナーシップに基づき、より効果的な国際協力の実現と国際協力への市民の理解と参加を促進するため年間4回の協議会で意見交換を行っている。2017年度第2回協議会が札幌で10月16、17日に開催され、埼玉NGOネットに参加要請有り出席した。
初日は、年間テーマ『NGOと多様なアクターの連携促進』について、北海道の事例「国際協力と地域活性化を両立する過程でアクターを巻き込んだ事例」(RCE道央圏)、「滝川市と多様なアクターを巻き込んだ国際協力の歩み-国際協力を通じた地域活性化-」(滝川市)の発表が行われ、その後、それを踏まえてNGO、JICAの参加者で協議が行われた。続いて、年間テーマである、『JICA草の根技術協力事業の案件の質の向上』、『JICA草の根技術協力事業の裾野拡大』、『ネットワークNGOの活用促進を通じた地域におけるNGO、JICAの協働体制』について中間報告が行われた。
二日目は、年間テーマ『ネットワークNGOの活用促進を通じた地域におけるNGO、JICAの協働体制』について、埼玉NGOネットを含む全国のネットワークNGOとJICAとの意見交換が行われた。その後、初日に事例発表した滝川市へ移動し、ステークホルダーの方々との意見交換を行った。
参加者は、全国のNGO出席者36名、TV会議参加者11名、JICA出席者16名、TV会議参加者44名。埼玉県からは埼玉NGOネットが出席し、IV-JAPANがTV会議に参加した。