埼玉NGOネット1月定例会を開催、NGO・JICA・埼玉県国際課・県国際交流協会の情報・意見交換など活発に行う

埼玉県の国際協力NGO(途上国支援及び在住外国人支援)のネットワーク、埼玉NGOネットの1月定例会が1月17日(水)にさいたま市で開催された。参加者は、NGO代表者、埼玉県国際課、県国際交流協会など16名(JICA埼玉デスクは出張で欠席)。2月4日(日)開催のグローバルセミナー2018は、参加者申込や当日運営など最終準備状況の確認を行った。JICA連携は、2018年度JICA東京による「埼玉県国際協力NGO向け連携事業説明会」で、埼玉NGOネットと協働してNGO研修企画を検討するとの報告が行われた。NGO及び関係機関との情報・意見交換は活発に行われ、2018年はメイあさかセンター30周年、IV-JAPAN30周年、民族フォーラム20周年に当る事。埼玉YMCAから日中韓ユース平和フォーラム開催や埼玉県災害ボランティアネットワーク準備参加の報告、埼玉日本語ネットワークからは、各地の非営利の無料日本語教室に技能実習生を日本の受入側が大勢連れてくる事で、通常の在住外国人向け日本語教育に支障が生じている報告が有った。ワールドサポートプロジェクトよりベトナム生産者と日本の授産所を結んでチョコレート販売のベトナム調査報告、ふじみの国際交流センターやインターナショナル川口から多文化共生街づくりの取り組み報告が有った。