カテゴリー別アーカイブ: お知らせ・紹介

埼玉NGOネット及び会員:個別事業案内、会員活動紹介、関係機関事業案内、会員の声、事務局からのお知らせなど

AAAアジア&アフリカが団体会員として入会  埼玉NGOネット

AAAアジア&アフリカが埼玉NGOネットの団体会員に入会しました。
同団体は1986年に有志がケニアで支援活動を開始し、1993年に団体を設立、本部はさいたま市に有ります。ウガンダやケニアで教育支援、井戸掘り、植林活動などを行い、また、緊急支援としてはスマトラ島沖地震によるスリランカ支援の海外活動と共に、東日本大震災での救援物資提供などや熊本地震での農業支援など国内活動も実施しています。
今までに、彩の国さいたま国際協力基金や外務省民間公益団体補助金、国際ボランティア貯金の採択、埼玉県・県国際交流協会の協力を得て中古救急車の海外寄贈、国際フェアへの出展、学校での出前授業、埼玉県国際貢献賞の受賞などの実績があります。同団体の紹介は次の通りです。
ブログ
http://aaag.org/aaagorg.html
フェイスブック
https://www.facebook.com/aaag.org/?fref=ts
日本財団法人情報
http://fields.canpan.info/organization/detail/1240184422

写真:AAAアジア&アフリカ

埼玉日本語ネットワーク「外国人技能実習生実態調査」報告

埼玉日本語ネットワーク(代表山尾三枝子)では、近年、受け入れが増加している外国人技能実習生が、埼玉県の日本語教室にも来ることが多くなり、その実態を把握するため、同ネットワーク参加の県内日本語教室よりアンケート調査を行いました。
その結果は別添の通りです。
この件に関しては埼玉日本語ネットワークのホームページを参照ください。
なお、別添資料は埼玉日本語ネットワークが版権を所有していますので、利用・問い合わせ等は下記にHPから、埼玉日本語ネットワークに行ってください。
よろしくお願いいたします。

http://snihongo.sakura.ne.jp/

埼玉NGOネット事務局長
加藤 陽一

ふじみの国際交流センター「国際子どもクラブ」の活動紹介

毎週土曜日には、「国際子どもクラブ」が開催されます。日本に来たばかりの子どもたちに日本語や、教科の指導をしています。
親といっしょに日本に来た小学生、中学生年代の子どもたちは、日本の学校に入ることができます。しかし、そこでの授業はもちろん日本語。そうした子どもたちの手助けをしようというのがこのクラブです。
毎週土曜日の10:00~12:00に、東武東上線上福岡駅すぐ近くの「ふじみ野市市民活動支援センター」で行っています。関心のある方、お手伝いできる方は、ぜひご連絡ください。

 NPO法人YOU&MEファミリー「活動報告会」参加者募集

『2018夏活動報告会のお知らせ』
YOU&MEの活動に関心を持ってくださる方、バングラデシュに興味のある方、国際協力をしてみたい方,大歓迎!
お待ちしています。
日時:2018年8月26日(日)午後4時~5時
問合せ:NPO法人YOU&MEファミリー事務局
yumi-saint@hotmail.co.jp
参加希望の方は、NPO法人YOU&MEファミリー事務局までお知らせください。

埼玉NGOネットワーク設立総会、NPO法人化へ向けてスタート  

7月17日(火)、さいたま市で埼玉NGOネットワーク設立総会を開催した。設立総会には19名が参加(委任7名)し、特定非営利活動法人(NPO法人)の申請を行う意思を確認、定款、役員・代表者、事業計画、活動予算などを満場一致で議決した。今後、NPO法人化に必要な申請書類の最終作成に入り、10月1日頃の法人化を目指す。埼玉国際協力協議会(埼玉NGOネット)は埼玉NGOネットワークに移行する。
法人化に伴い、曖昧になっていた埼玉国際協力協議会の目的・会の性格を改めて整理・見直し、埼玉NGOネットワークを「公正と共生を基本理念とするグローバル市民社会を目指して、NGOの強化、NGO間ネットワーキング、NGOと関係機関連携の促進を行うNGOネットワーク組織」と定義した。
埼玉NGOネットワークの目的、役割を明確にした事を受けて、正会員(NGO)と賛助会員(個人やその他団体)を分け、今後、事業などの見直しを検討する。

JICAとNGO連携事業「草の根技術協力事業」を目指す埼玉県NGO研修セミナー

主催:JICA(国際協力機構)東京、後援:埼玉NGOネット、埼玉県
日時:2018年7月31日(火)10:00~16:45
会場:浦和コミュニティセンター第14集会室(浦和パルコ10階)
現在、JICAはNGO等と連携して途上国支援事業を進めています。NGO等が有する途上国での経験、知識、技術力などを活かし、JICA資金によってNGO等が実施する草の根技術協力事業です。

午前の部は主に実績を有する団体の情報交換・交流会。

午後の部「草の根技術協力の案件形成に向けて」は、主に国際協力に実績をある程度有しJICAとの連携を目指す又は関心のあるNGO等を対象に、JICA草の根技術協力事業採択に必要な案件(プロジェクト)形成、事業管理、申請業務について、基礎から草の根技術協力事業に採択された埼玉県のNGOの事例発表を含めて、実践的・実務的な研修とします。
参加者は氏名・所属団体・役職・住所・メールアドレスを明記し、「草の根技術協力事業研修セミナー参加」として下記にお申込み下さい。
JICA埼玉デスク土屋雅人 saitama-desk_tsuchiya@frirnd.jica.go.jp

NGO・外務省定期協議会 2018年度「第1回ODA政策協議会」参加者募集

【7/31開催】NGO・外務省定期協議会 2018年度「第1回ODA政策協議会」

ODA政策に関するNGOと外務省の公式対話の場である「ODA政策協議会」の参加者を募集します。NGO側の発表を調整する「NGO側事前会合」(同日、ODA政策協議会前に開催)へのご参加も併せてお願いいたします。
◆ 日時:2018年7月31日(火)14:00 – 16:00
◆ 場所: 外務省 会議室(東京都千代田区霞が関2-2-1)http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/address/index.html
◆集合場所・時間:外務省正面玄関 13:30(集合して入省するため時間厳守)
◆申込方法: 以下のURLよりお申し込みください。(締切7/24)
https://goo.gl/forms/ERnaF6OqCH9TcMbR2
◆お問合せ:oda.p.dialog@gmail.com(担当:西井)
詳細は、こちらをご覧ください。

【7/31開催】NGO・外務省定期協議会 2018年度「第1回ODA政策協議会」

JICAとNGO連携事業「草の根技術協力事業」を目指す埼玉県NGO研修セミナー

主催:JICA(国際協力機構)東京、後援:埼玉NGOネット、埼玉県
日時:2018年7月31日(火)10:00~16:45
会場:浦和コミュニティセンター第14集会室(浦和パルコ10階)
現在、JICAはNGO等と連携して途上国支援事業を進めています。NGO等が有する途上国での経験、知識、技術力などを活かし、JICA資金によってNGO等が実施する草の根技術協力事業です。
午前の部は主に実績を有する団体の情報交換・交流会。
午後の部「草の根技術協力の案件形成に向けて」は、主に国際協力に実績をある程度有しJICAとの連携を目指す又は関心のあるNGO等を対象に、JICA草の根技術協力事業採択に必要な案件(プロジェクト)形成、事業管理、申請業務について、基礎から草の根技術協力事業に採択された埼玉県のNGOの事例発表を含めて、実践的・実務的な研修とします。
参加者は氏名・所属団体・役職・住所・メールアドレスを明記し、「草の根技術協力事業研修セミナー参加」として下記にお申込み下さい。
JICA埼玉デスク土屋雅人 saitama-desk_tsuchiya@frirnd.jica.go.jp

YOU&MEファミリー「初夏のアリア~稲垣俊哉コンサート~」 7月8日 参加者募集   

バングラデシュの子どもの教育支援をおこなっているNPO法人YOU&MEファミリー(玉木由美代表理事)は、7月8日(日)、早稲田奉仕園スコットホール(東京都新宿区)で「初夏のアリア~稲垣俊哉コンサート~を開催します。稲垣俊哉氏は、東京藝術大学卒、パルマ・ヴェルディ国際声楽コンクール優勝、新国立劇場オープニング公演 團伊玖磨「健 TAKERU」健役、二期会創立50周年記念公演宮本亜門演出「フィガロの結婚」フィガロ役などに出演。ピアノは奥山初枝。コンサート収益は、YOU&MEファミリーが行っているバングラデシュの学校の教育設備のために使われます。

IV-JAPAN ラオス事業で大学と協働

2 great n famous masters on wood working in Japan accepted to come to Laos to teach at IV-Japan vocational training center in VEDI in next year. Prof Emeritus Terahara Musashino Art Univ. n Prof. Dr.Akamatsu Institute of Technology.
日本木工業界の巨匠のお二人が来年ラオスに来てIV-Japan でご指導いただくことを了承していただきました。寺原武蔵野美術大名誉教授(デザイン)、赤松もの作り大学長(木工)。

IV-JAPAN代表理事富永幸子